【髪を地毛に戻したい】ヘアカラーをやめて地毛に戻すためにはどれくらいかかる?その間はヘアカラーしない方がいい?ヘアカラーをやめて地毛に戻すやり方完全マニュアル「経過写真つき」

ライフスタイル

この記事にはアフィリエイト広告が含まれています。

今回は【地毛に戻したい人】のためにどうやって髪を地毛に戻したか?途中でまた染めたくなってしまったら?など『髪を地毛に戻す方法』を紹介します。

【ヘアカラーをやめたい人】や【面倒なヘアケアから解放されたい人】にも読んでほしい内容になっています。

べろくん
べろくん

ヘアカラーって維持費が高い…!

髪に関する悩みから解放されたい

健康な髪を取り戻したい

という方へ

・ヘアカラーのやめ方

・美容室でのオーダー方法

・地毛に戻るまでの期間

・地毛に戻してからのヘアケア

などを約3年の月日をかけて【ロングヘアを地毛に戻した】筆者の実際の体験を元に執筆していきます。

地毛に戻した

私の現在の髪の状態はこちら。全部地毛です。

パーマ、縮毛などは一切何もしてません、シャンプーしてオイルつけて寝るだけのまじのすっぴん状態の髪の毛です。(普段の自然な状態に一番近い画像を見せたかったので、パサついていて申し訳ないです…)

なぜ地毛に戻そうと思ったか

まず、私が地毛に戻したいと思った理由は

・ヘアカラーをやめたかった

・プリンが嫌

・髪に関する悩みから解放されたい

という上記の理由からです。

実際に地毛に戻すまでの私のヘアカラー歴の写真を一緒に見ていきましょう。

画像一番右が完全に地毛に戻った髪、一番左が最後にヘアカラーをした3年前の写真です。

当時はハイトーンが大好きで(今でも好きですが)ハイトーンカラーを維持することを頑張っていました。

一番左の写真はちょうどカラー直後の写真なんですが、根元をグラデーションにしてもらって、とても気に入っていたカラーでした。このヘアカラーがとても気に入っていたので、ヘアカラーがなかなかやめれませんでした。

色味を抽出してみると

当時のヘアカラーを視覚的に見やすくするために、色を抽出してみました。

くすみがあるマットな色で、とてもきれいですよね。

当時はこの色を目指すために全てを注いでいました。

退色

ヘアカラーには【退色】というものがあります。どんなにきれいにカラーをしてもらっても、最終的に行き着くところはこんな感じの色になり、次のカラーまでこの髪色で過ごさなければいけません。

カラーってすぐ退色する!しかもケアも大変…!

べろくん
べろくん

そして維持費が高い!

そして、私がヘアカラーをやめようと決意した最大の理由は【この色で生活する期間が一番長い】と気づいたから。

私は面倒くさがりを自覚しているし、ヘアカラーをしているくせに『髪を傷ませたくない』と思っていました。なので日常生活の大半を上記のような髪色で過ごしていたのですが、何をしてもパサパサで枝毛だらけ、広がるのでアイロンが手放せないそんな自分の髪の悩みから解放されたいと思い【地毛に戻そう】と決心したのです。

地毛のメリット

髪の悩みが減った

ヘアカラーをしていた時の『髪の毛の悩み』は

・切れ毛

・パサつき

・広がり

・枝毛

・ダメージ

・毎日ヘアアイロンをしないといけない

ざっと思いつくだけでもこんなにありました。

それに比べて地毛に戻した『髪の悩み』は

・冬の時期の静電気

・髪をまとめた後に跡がつく

くらい?

それくらい、『髪のことで悩む』ことがなくなりました。

髪が健康なので枝毛はもちろん切れ毛もないし、髪はいつもサラサラです。

夏の時期にパサつきが気になることもありますが、カラーしてた時のパサつきに比べると全然マシです。

ヘアアイロンも、ちょっとおしゃれしたい気分の時に前髪だけささっとやれば良いくらいになりました。

自分自身にお金を使えるようになる

ヘアカラーをしていた時は、カラー(髪の色味)を維持するためにお金を使っていました。

カラーを維持するためにヘアカラーを繰り返すことによって【ヘアカラー】→【退色】→【ヘアカラー】→【退色】→以下略のループから抜け出すことができませんでした。

髪を地毛に戻した後は、【自分自身のためにお金を使えます】

・頭皮ケア

・ヘアブラシ

・シャンプーやコンディショナーなど

ヘアカラーをやめるとヘアカラー代も使う必要がなくなります。

ヘアカラーのやめ方

ヘアカラーをやめる方法はシンプル

ただ「髪を染めない」だけです。

言葉で言うのは簡単ですが、いざやろうとするには『覚悟』そして『忍耐力』が必要です。

地毛に戻そうとした時に、伸びた分の根元は染めずに退色した部分だけ暗いカラーをしてもらう方法もありましたが、私は【そのまま伸ばしていく方法】を選びました。

なにより、【ヘアカラーをやめる】と言っていながら「また髪を染める」ことになってしまうし、結局退色してしまい、またカラーを繰り返してしまうと思ったからです。

個人的には「一度ヘアカラーをやめたい」と強く心に決めたならば

きれいに地毛を伸ばしていくために「生えてきた地毛は染めない」ことをおすすめします。

美容室でのオーダー方法

美容師さんと二人三脚で【ひたすら伸びるのを待ち、伸びた分をカットする】を繰り返しました。

『地毛に戻したい』と言った時に、「どうすればきれいに地毛を伸ばしていけるか」ということを相談しながら通える美容室だったので、その美容師さんの存在も、途中で挫けずに地毛に戻すことを続けられた理由だと思います。

地毛に戻している時の美容室でのオーダー方法は

【後ろから見たシルエットがきれいに見えるようにカットしてしてください】

とオーダーしてました。それに加え

・4~6か月に一回のカット

・気分を変えたい時だけ前髪カット

を繰り返しました。

なので私が地毛に戻してる間のメニューは基本的には【カット】だけ

カットの技術が高い美容師さんに巡り合うことができたなら最高です◎

地毛に戻るまでの期間

結果的にロングヘアを地毛に戻すまでにかかった期間はずばり「3年」

染めるのは一瞬ですが、地毛を手に入れるためには『時間がかかります』

ただ、私はロングヘアを維持したかったので3年程度かかりましたが、ショートやボブ、セミロングの方ならもっと短く地毛に戻せるはずです。

ちなみに地毛に戻す期間で【耐えるべき時期】は「地毛が頬くらいまで伸びてきた時」です。

ここが一つの関門かなと思いますが、ここを過ぎるとグラデーションのようになって気にならなくなってきます。

地毛に戻してからのヘアケア

地毛に戻してからの私のヘアケアは、基本的には

・シャンプー

・ヘアブラシ

・ヘアオイル

がメインです。というかほぼそれだけ

シャンプーは数年愛用していたシャンプーが販売終了になってしまったため、長く愛用できるシャンプーを探し中です。

ちなみに、今は木村石鹸「12/JU-NI(ジューニ)」さらさらタイプのシャンプーを愛用中です。

愛用しているヘアブラシは【ラ・カスタ ヘッドスパブラシ】です。

ナイロン製のピンだけのヘアブラシを使うと静電気が起きやすい髪なので、ミックスブラシを長年愛用しています。

ブラッシングする際にピンを頭皮に当ててマッサージしながらブラッシングするのが好きで、ずっとミックスブラシ一筋です。

私は毛の量が多く、さらにくせ毛ロングヘアなので、この商品の「ハードタイプ」の物を愛用しています。

量が多い髪もぐいっとしっかり梳かせるのが気に入っています◎

【ラ・カスタ ヘッドスパブラシ】

細毛~普通毛の方向けもあります

恥ずかしながら地毛に戻す前はブラッシングの習慣はなかったのですが、(そもそもブリーチしてたのでブラッシングするとプチプチ髪が切れてた)

髪を地毛に戻してから白髪や髪のことを考えて毎日の習慣にブラッシングを始めてみました。

ブラッシングの気持ち良さを地毛に戻してから初めて知りました。

途中で挫けそうになったら?

伸びている間にヘアカラーをしたくなってしまったら?私が実践した方法は

・アレンジで乗り切る

・帽子を活用する

という2つの方法で乗り切りました。

特に【帽子をファッションに組み込む】ことができてしまえばこちらの勝ちで、帽子を上手く使えたらストレスなく地毛を伸ばせると思います。

地毛に戻した今でも帽子コーデ大好きです。

あとはヘアアレンジも有効活用しましょう。

アレンジすると地毛とカラー毛の境目を隠せるので、アレンジ次第ではむしろおしゃれに見せることができます。

極論を言ってしまえば地毛が伸びてきても【気にしない】という方法が一番有効なのですが、それでもどうしても我慢ができない時は気分転換に美容室でヘッドスパや毛先のカットなどをしてもらいに行くのも良いかもしれません。

私も地毛を伸ばす最中に美容室での髪のケアを挟むことで【健康でツヤツヤの髪を手に入れたい】という気持ちを思い出し、また地毛を伸ばすことを頑張ることができました。

持って生まれた髪の色を大切にしたい

よく見る意見で「地毛が似合わない」というのがあります。

私はこれを見た時に、いつも「本当かな?」と思います。

これは人に対してではなくて自分に対して思うのですが、私もハイトーンにカラーをしていた時は自分でも気に入っていたし、実際に周りからの評判も良かったです。

しかし=「地毛が似合わない」わけではないと思います。

なので私は逆転の発想で「地毛に自分を合わせる」ようにメイクも服装も考えることにしています。

ヘアカラーをしていた時にはできなかったモノトーンメイクや赤系リップも地毛にしてから楽しめるようになりました◎

地毛に戻して気づいたのですが、日本人の地毛はよく「黒髪」と呼ばれますが、

「真っ黒」な訳ではなく、光に当たると茶色に見えます。

人の顔や性格が一人一人違うように、生まれ持った髪の色も人それぞれ。

それぞれ生まれ持った髪の色が、ヘアカラーで隠してしまうのはもったいないくらいにとてもきれいな色だと知りました。

まとめ

今回は地毛に戻したい人へ【実際に私が地毛に戻した経過】を紹介しました。

ヘアカラーをやめて地毛に戻すには時間もかかり、辛抱強く髪が伸びるのを待つことが必要です。

地毛に戻すことは大変ですが、この記事が【髪を地毛に戻したい方の支え】になることを祈っています。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました