ソファーなしリビング│リビングにソファーを置かない「ソファーのない暮らし」が予想外に快適だった◎

収納・片付け

この記事にはアフィリエイト広告が含まれています。

経年劣化による買い替えをきっかけに、リビングに置いていたソファーを手放しました。

ソファーを手放すことにしたきっかけは

・ソファーの圧迫感が大きいと感じていた

・ソファーで寝る習慣をやめたかった

・ソファーの掃除やメンテナンスの手間を考えるようになった

ということが理由です。

べろくん
べろくん

ソファーはゆっくりくつろげて良いアイテムだけど、存在感が大きかったり、掃除が大変な面も

この記事は

・ソファーなしリビングに興味がある

・ソファーの掃除やメンテナンスが地味にストレス

・広々としたリビングに憧れる

という方に役に立つ内容になっています。

リビングにソファーのない暮らしのメリット

空間を広く使える

ソファーは大きい家具なので、置いているとそれだけで存在感があります。

ソファーをなくしてみると、それだけでかなり部屋が広くなったように開放的に感じられました。

「広くなったスペースを子供の遊びスペースにしたり」「布団を敷いて寝ることもできたり」とソファーがないことでできるようになることも多いかもしれません。

家の掃除がしやすくなる

ソファーは意外と汚れが溜まりやすい家具です

ソファーの下はホコリが溜まりやすい場所ですし、ソファーの隙間にもほこりや食べ物のカスが溜まりやすいです。また、ソファー本体の生地の汚れなど、手入れにはけっこうな手間がかかります。

脚がないフロアソファーなどはソファを動かして掃除をしないといけないし、脚付きのソファーもソファーの下にほこりが溜まりやすかったり、と掃除する場所が増えます。

ソファーがない場合、掃除の効率とストレスが確実に減ります

ソファーで寝ることがなくなる

ソファーがあった時は「ソファーで寝てしまう」といった悩みがありました。

今は、わが家は空いたスペースにラグを敷いて、フロアクッションを置いています。

ソファーがなくなったわが家は家族みんながラグの上で寝転がることがありますが、

長時間床でくつろぐことはできないので、ソファーのようにだらだら寝てしまうようなことがなくなりました。

ソファーなしリビングを快適にするには?

ソファーなしリビングにすると、ソファーに慣れている人はくつろぐ場所が欲しいと感じるかもしれません

長時間床に座っていると体が痛くなったり、背もたれになる物がないと姿勢が悪くなってしまうこともあります。

ソファーなしリビングを快適な空間にするためにわが家がしていることを紹介します

厚めのラグを選ぶ

生地の薄いラグだと、床の硬さが気になるため

ラグの上でくつろぐためには「厚みがあるラグ」を選ぶと良いと思います。

床の硬さが気にならないラグだと、ラグの上でも快適に過ごせます。

ソファーなしリビングにはホットカーペットも相性がいいと思います。

ローインテリアにする

ソファーがないことのメリットの一つは「空間を広く使える」というところです。

部屋全体を低めの家具でまとめると、ソファーがない空間の広さを最大限に生かすことができます

低めの家具でまとめたお部屋は開放感があり、ソファーなしリビングならではの良さを感じることができると思います。

わが家は元々ロータイプのテレビ台を使っていたので、ソファーなしの方がインテリアと馴染みました◎

ソファー以外のくつろぎアイテムを探す

ソファーがなくても快適に過ごせるように、リビングに置くクッションやラグの上でくつろげるアイテムを探すのもおすすめです。

フロアクッションやビーズクッション、フロアチェアなど、ソファーよりも手軽に使えておしゃれなアイテムはたくさんあるので、生活環境に合わせて組み合わせると良いと思います◎

わが家はラグの上に丸型のフロアクッションを置いています。

子供の姿勢が気になるゲームの時やテレビを見る時に椅子代わりにビーズクッションを使っています。

まとめ

この記事では「ソファーなしリビングのメリット」と「ソファーなしリビングで快適に過ごすコツ」を紹介しました。特に、部屋のスペースが限られている部屋を広く使えたり、掃除の手間が減ったり、とソファーなしリビングのメリットはたくさんあります。

「ソファーで寝てしまうのをやめたい」「部屋を広く使いたい」「掃除を簡単にしたい」

といった悩みを抱えている方の参考になると嬉しいです。

それでは

タイトルとURLをコピーしました